BACK to "Kaleidoscope Syndrome" search
《 TRPG DIARY 》

仲間とのTRPG時の日記です。
N◎VAでないRPGをやっている時もあります。
たいがい御馬鹿な話ばっかりです…

◇ 主要登場人物紹介 ◇


■ くるまはきゅうに @2006年11月
あ(GM): ……そうして三人は病室で合流した。

あ(GM): よし、じゃあここで5分休憩な。俺トイレ行ってくるわ

唯(PL): はーい

焼(PL): で、どうでした支部長

あ(GM): オイ 続けんなー!

ぺ(PL): ああ……多くが分かったとは言いづらいが大まかな流れはつか

あ(GM): 待てーー!待ってーーー!!
■ どうせやるなら三十一文字か 2006年秋
 憧れる女性像のひとつに、
「一筆箋をさらさらと使いこなす女性」
 ……というのがあるのですが。

 一筆箋。
 縦長の、短歌でも書きつけたらちょうどよかろうなという大きさの、あれです。

 遥めの身近なところでは、母方の祖母がとても上手に使うひとです。
 贈り物やお土産、お礼の品などなどに
 さらりと一筆書いて添えます。
 短い言葉の中に、受け取る人を思い遣る心が
 押し付けがましくなく、くどすぎず、けれど深くこもった一筆。
 お礼には、喜びがさめやらぬうちに、
 お土産には、旅行の楽しい気分の余韻が残っているうちに、
 決して遅れず、書き添えて届けます。

 背筋を伸ばして、筆を扱うときのように
 ボールペンをまっすぐに持って書き始める、祖母の姿も好きでした。



 けれど若輩、未熟な身には、その境地はいまだ遠く。
 その名のとおり「一筆」分しかないスペースに
 祖母のように心を乗せられる語彙も経験も足りず……
 当面の問題としてまず縦書きが苦手中の苦手というつまづきぶり。




唯: きれいなデザインのやつ多いし、惹かれちゃうんだけど…だけど

あ: うーん、まあ…… 使い所が難しいよな

唯: うー…… あ。か、書く、書ける!

あ: なにを

唯: ハンドアウト

あ: あん?(=−=;
■ リアルタイム 2006/09/30 03:07:34
いま敵データを作っていて
「神獣撃」って打とうとしたら「心中劇」と変換されました。



歌舞伎でも文楽でもない。
■ ガンダムの授業 2006/09/19 (火)
唯: おれの……こぶしが

あ: この手が

唯: この手が。

あ: うん

唯: ……まわって……

あ: ……

唯: ……ドリル

あ: 違う

唯: ……

あ: ……

唯: ……怒鳴って曲がる……?

あ: 違う

唯: ……

あ: ……

唯: ……(T△T;;)……
■ 【乱舞】持ちがファンブルするとか 9月はじめごろ
 いつもの4人で、近くの神社のお祭りに行きました。
 ちいさな神社なのですが、
 涼しく晴れたお天気にも恵まれ、
 境内から周辺の商店街にまで提灯がともり
 お神楽が舞われ、恵比寿さまが子供たちにお菓子をふるまい、
 お祭りの空気が満ち満ちたすてきな夜でした。

 お賽銭を入れて神様にご挨拶を済ませ、
 まずはめいめい最初に食べたいものを買いに分散。

 遥めはソースせんべいの夜店へ。 
 さいころが3つ、どんぶりに入れて置いてあり、
「●●●(←1の絵三つ)が出たら100枚」

 ……との表記。

「1ゾロかあ、出るときは出るよね」
 すでに焼きそばを買って後ろに立っていた焼き餅くんと話しつつ。
 さいころ三つ握って、ころころっと。

 ……
 ………。


 いちがみっつ。

 背後で焼き餅くんに爆笑されながら、
 店のおばあちゃまに「時間かかるから自分で塗りなさい」とせんべいだけもさっと100枚渡されました。


 ……出るときは出ます。ね。
[前ページ] [次ページ]

☆ 左下のログを選択し、「表示」ボタンをクリックすると選択したログを表示することができます。
☆ 右上の「検索」ボタンから検索条件フォームへと進めます。

News BBS v1.0
Copyright (C) csmoon.com